新規作成 | ログイン | カートを見る | ヘルプ
 
商品検索 日→中 中→中
商品名 歌手・演出・作家 レコード会社・監督・出版社
お買い上げ合計金額¥3,000(税込)以上のご注文は、国内配送料無料です

 
アジアの永遠の歌姫テレサ・テン(鄧麗君)

テレサ・テン(本名 鄧麗筠、中国語の芸名 鄧麗君、英語名 Teresa Teng1953年1月29日 - 1995年5月8日)は、1960年代から1990年代にかけて主に東南アジアや日本を中心に活躍した台湾人歌手。日本や台湾をはじめとする東アジアの国々で絶大な人気を誇っていることから、「アジアの歌姫」と呼ばれている。中華民国(台湾)を代表する歌手の一人。 英語名のテレサ(Teresa)は、彼女自身が尊敬するマザー・テレサに因んでつけたものと言われてきたが、実際は彼女の洗礼名を転用したことが明らかにされている。テンは本名の姓「鄧」の中国語音を英語表記し、ローマ字読みしたものである。
 

1953年中華民国・台湾雲林県に生まれる。両親は共に中国大陸山東省出身の外省人で、父親は元国民党軍(国府軍)の職業軍人だった。彼女自身生前軍隊への慰問活動を熱心に行っていたこともあり、台湾では「軍人の恋人」というニックネームでも有名。日本ではどちらかというと演歌歌手のイメージがある様だが、実際はかなり幅広いジャンルの歌を歌っており、台湾や香港などで出されたアルバムには、演歌に加えて台湾民謡や英語のポップス、日本語ポップスのカバー曲なども多数含まれている。言葉にも堪能であり、北京語に加えて台湾語、広東語、日本語、英語、フランス語などの言葉が話せた。

1974年から日本での活動を開始、ユニバーサルミュージック(当時の日本ポリドール)と契約し、アイドル・J-POP路線の「今夜かしら明日かしら」でデビュー。だが、売れ行きが思わしくなかった為、演歌・歌謡曲路線に変えたところ、日本でのデビュー2作目となる「空港」が大ヒット、レコード大賞新人賞など多くの賞を獲得する。しかし、1979年、日本入国の際に友人の勧めでインドネシアの偽造パスポートを使用したことが発覚し、国外退去処分となる。その後、1984年に再来日を果たすまでは、活動の拠点を米国や東南アジアに移していた。

 

1984年再来日。レコード会社をトーラスレコードに移籍、日本でリリースした「つぐない」「愛人」がそれぞれ150万枚、「時の流れに身をまかせ」が200万枚を売る大ヒットとなる。1984年から1986年にかけ、日本有線大賞及び全日本有線放送大賞の東西有線大賞で史上初の3年連続大賞・グランプリを受賞した。



1980年代後半からは主に活動の拠点を香港に移し、1990年以降はパリに居住。天安門事件によるショックで表舞台での活動を減らした1990年代に日本をはじめとするアジア各国で二回ほど彼女の死亡説が流れたりもした(一度目は1990年5~6月に父親の葬儀への欠席をきっかけに病死説が、二度目は翌1991年4~5月に病死説・暗殺説が流れている。死亡説に対してはそれを否定する本人のコメントが新聞記事などに取り上げられた)。1980年代後半以降のテレサは演歌・歌謡曲というよりもJ-POP寄りで、飛鳥涼やZARDの坂井泉水らも曲を提供しているため、必ずしも演歌歌手とはいえない部分が多い。日本での最後のテレビ出演は、1994年11月に放送されたNHK「歌謡チャリティーコンサート」(仙台市にて公開録画)だった。

1995年5月8日、タイ・チェンマイのメイピンホテルで気管支喘息による発作のため死亡。同月28日に台湾・台北で国葬級の葬儀が執り行われ、世界各国から3万人ものファンが詰め掛けた。彼女の棺は台湾・中華民国国旗と国民党旗で覆われ、台湾での国民的英雄ぶりがうかがえた。墓所は台北市の北東に位置する台北県金山郷の金宝山にあり、小さな公園のように整備され、本名の一字を取って「筠園」と呼ばれている。墓前には銅像があり、彼女の歌声が絶えず流されている。死去10年目にあたる2005年5月8日には、日本をはじめとするアジア各国からファン300人ほどが墓所に詰めかけ、追悼集会を開いて生前のテレサ・テンを偲んだ。台湾での彼女はあまりにも偉大なので、遺体は火葬されておらず、土葬で、死後50年は生前の姿であり続ける。

 


商品検索 日→中 中→中 商品名 歌手・演出・作家 レコード会社・監督・出版社



©2007 JChere.com ジェーシーヒア株式会社
〒135‐8073 東京都江東区青海2丁目45番タイム24ビル
特定商取引に関する法律に基づく表示


中国無料テレビ・映画 中国テレビ・映画 - 中国のテレビ番組がリアルタイムで楽しめます!